我家のパソコン 2編 

 昔懐かしのホームコンピュータ(笑)MSXを語る。80年代グッズにつき「おっさんホイホイ」指定します(爆)

 ソフト編 ハード編 修理メンテ編 HB-T600 HB-F1XV FDD修理  MSX-Board 


 そもそもとは!?

 1980年代当時、今のようにDOS/Vなる標準企画があるわけでもなく、マイコン(まだパソコンという言葉が浸透していない時代である)の規格は各メーカー各機種ごとにバラバラであった。そのためA社のマイコンでB社マイコン用ソフトが動かないのは当然であった。
、そこで1983年、アスキー社は一定の統一基準の下に互換性(お互いに使える性能)を持たせようと提唱されたのがMSXという規格を提唱した。当初はマイクロソフトも絡んでいたが途中で撤退し(MSXの呼称に名残がある)アスキー社主催となった。

 MSXは「ホームコンピュータ」を目指していたため、当時ファミコンに対抗すべく、スロットにカセットを差してゲームが出来るようになっていた…だからゲーム機と勘違いするユーザーも少なくなかっただろう。実際ゲームが多かった
 だが蓋を開けてみると松下・東芝・日立・三菱・三洋・ソニー・ビクター・パイオニアなど家電メーカーが善戦し、当時花盛りだった家庭用8ビットマイコン戦争でもトップに立つなど善戦した。
 特にソニーはトップアイドル・松田聖子をCMに起用、「キーをヒットすると答えがビット出る」「人々のヒットビット」などの名フレーズで数多く売ったことでも知られる。その他、東芝の岡田由希子・ビクターの小泉今日子・日立の工藤夕貴などが挙げられる(いずれもレーベル絡みの出演だろう)
 カシオの低価格MSXは当時知らない者は居ないほどだった(笑)そしてソフト販売本数も多くMSXのBASICプログラムを作る人も多かった。

 1985年、その上位規格であるMSX2が発表された。当時はAVパソコンとしてFM77やX1などとタメ張っていたがPC−9800など16ビット機の構成により徐々に勢力が落ちていった。
※特にキーボードセパレート機種は10万円を越えたため普及率が低かった。FDD(フロッピーディスクドライブ)が付いていても宝の持ち腐れ

 そんな中に松下の低価格MSX2・FS−A1がデビューしてゲーム機兼用パソコンとして再認識され息を吹き返した。だがこの時期、松下・ソニー・三洋・三菱以外は撤退してしまった。[この地点で既に頭文字がMとSのメーカーしか残っていないと解釈された。実際にはビクターHC−95が生産されていたが高価の為あまり見向きされなかったらしい]
 翌年FDDつきMSX2・松下FS−A1FやソニーHB−F1XDが出てくるとFDD版ソフトが普及しMSX特有のROMソフトは姿を消していった。一方FDDの普及はコンパイル「ディスクステーション」などディスクマガジンやソフト自販機「TAKERU」普及に一役買い、MSXの生命をつないだ。
 時を同じくしてパソコン通信が普及しはじめ、ソニーHB−T7,松下FS−A1FM,三菱ML−TS2Hなどモデムを内蔵したMSX2通信パソコンが発売され話題になった。網元さんなどホストソフトも発売され、草の根ネットでも活躍したに違いない。同様にパソコン通信を利用した株式トレードサービスも存在し、その株式ターミナルとしての需要もあったのかソニーからHB−T600という株式トレードに特化したMSX2がリリースされていた。別売のキーボードを繋げれば普通のMSX2としても使える迷機であるが存在を知るものは少ない。

 1988年、日本語処理機能とFM音源・自然画機能を追加したMSX2+がデビューした。FDD付きの機種が多くソフトも潤沢に用意されたが既にライバル機ともども16ビット機主導の流れには逆らえず、松下・ソニー・三洋の3社以外からは出なかった。
 とはいえこの時期、1〜2ヶ月おきにディスクステーションが発売されるなど娯楽パソコンとしての本領は発揮していた。あの「ぷよぷよ」で有名になったコンパイル社の全盛期はこの頃であった。
 そして「TAKERU」からもユーティリティソフトが発売され、実用面からもそこそこ使えるパソコンとして認知されていた(ワープロが代表例)

 1990年、CPUにR800を使用した最終規格・MSXTurboRが松下から、FS−A1ST,A1GTとリリースされた。
 スペックは相当上がり出来はよかったがPC-9821やDOS/V、X68000などには太刀打ちできず、1992年を最後にひとつの時代が終わった。
 とはいえ商業的に「MSX−FAN」や「TAKERU」が消えるまで、MSXはホビーパソコンとしての使命を忘れることはなかった。
 1997年のサービス終了まで、TAKERUはMSX最後の砦として同人ソフトを中心に生き長らえていたのである。

 現在はMSX実機がなくてもWindows XP上で動く「MSXPlayer」なるエミュレータソフトが出ているので、昔を懐かしむのもイイだろう。
 3.5インチFDを採用していたこと、フォーマットが世界共通の2DD・9セクターであったことも幸いし、現在もFD入手は簡単に出来る(もっとも2HDを2DDディスクの代用として使うユーザーも多いが)
 実機は少なくなったものの、まだ使えるのは有難いです。


 MSXリンク…相互リンク希望者は随時受付けております、お申し出下さいませ。
    無断で一方的にリンクしてあるところも、問題がなければヒラタツが発見次第相互リンクにしていきます(笑)

サイト名 管理者 情報その他
Baboo! JAPAN SAITO ヤフー似のMSX検索サイトです。大概の情報はここから検索すれば判明するでしょう。
MSXのことならなんでもお任せ!BABOO!BBS掲示板もありますので利用価値は高い。
@-Hirataz Hi-Land Hirataz. 自サイト(爆) 現在の我家のMSX2使用状況レポートなどを述べる(凡例)
「い〜じゃん!MSX」 なかしま 名古屋MSXユーザミーティングで知り合ったなかしまさんの受け持つサイト。
MSXゲームソフトデータベースとしてひそかに活動中…。
MSX西日本 ??? 西日本のMSX活動系ポータルサイト。西日本のMSX系イベント情報がここから発信されます。
FULMSX2:
うーやんのMSX情報
うーやん MSXを愛好してやまないうーやん氏のサイト。BASICプログラムもあります。
「ぐるっとニッポン」リンク集の説明が判りやすいです。ブログもどうぞ
et_levin's MSX et_levin MSXのFDD交換など現役MSXユーザに有用な情報が盛りだくさんです。
ALBA HOMEPAGE ALBA 自作のMSXプログラムやMSXで取り込んだ画像などがあります。
     
[mixi] MSX User's [mixi] ソーシャルネットワークサービス「ミクシィ」のMSXコミュニティ。二千名以上のMSXユーザーが在籍。
ニコニコ動画 ドワンゴ さまざまな動画が登録されており、コメントが残せる。MSXソフトのプレイ画面はここから確認可能。
80年代ネタだけに「おっさんホイホイ」タグで検索しても結構あります。
     
    以後、続々ゾクゾクッと追加予定。

 MSX ASSOCIATIONの商標です。


INDEX! || 最終更新 16/12/17