富士重症(スバルファン)鉄道編

富士重工製の気動車について語るコーナー。 関連:BBS 高山本線・太多線 掲示板 


 FAQ(よく聞かれること) なぜ富士重工は気動車を製造するようになったのか?

 そもそも富士重工は戦前の航空機産業・中島飛行機を先祖とする(富士重症語録参照)…が、敗戦直後GHQによる財閥解体で軍事技術を封じられ、バスのボディなど鉄製鋼体を造るようになった。
…そのひとつが鉄道車両の「客車」であった。戦争で痛んだ客車を修理していくうちに車体技術を身につけたのである。
 そのため国鉄の指定車輌製造会社に選択され、気動車(=ディーゼルカー)なども造るようになったのである。

 当初は財閥解体の影響で「宇都宮車体」という社名であったが、中島飛行機から解体された6社が再度手を結んで「富士重工」となった。
 以来富士重工業宇都宮製作所として、国鉄型気動車を大量に生産、その車両は全国津々浦々へと渡っていった…。
 鉄道雑誌でも新型気動車発表の際には撮影が行われているので鉄道ファンで知らないものはいないと思われるほどその存在は有名であった…。

 だが残念なことにローカル線廃止と長引く不況の下で車両需要は減りつづけ、2003年3月をもって富士重工は鉄道車両製造事業から
撤退してしまいました…2003/07/15限りで従来の富士重工の社章「マルフ」が廃止されたのも嘆かわしいことです。
 さらに2007/9/15,SWRC(スバルワールドラリーチーム)に在籍した名ドライバー・コーリンマクレー氏が逝去しました
…これで富士重症のモチベーションが下がり、9月末限りで富士重症関連ページを廃止・封印することにしました。もう遠い日の思い出だぁ。


 気動車いろいろ

 キハ58、キハ28、キハ40、キハ48…国鉄は気動車にいろいろな形式を制定しているが詳細は以下の通り。

 キハ28 3001 を例を挙げよう。

 はじめの「キ」は気動車を示す記号、ハは普通車用途であること(ロはグリーン車)、2は小型エンジン1機搭載
(2,3,4は同一、5だと2台搭載、6,7は大型エンジン搭載、8は特急車)、8は運転台による分類(0〜4は両側、5〜9は片側またはなし)、
最後の3001は製造番号、3000番台トップナンバー(1番目)という意味である。

 JR各社に移行してからはこの原則も崩れつつあるが、JR東海は頑なにキハ11,キハ75などが踏襲している。
 キハ11−111: 車幅2.8m未満&小出力エンジン1つ、両側運転台、製造番号は100番台(耐寒装備)の11番目である。
 キハ75−304: 車幅2.8m以上&大出力エンジン、片側運転台、製造番号は300番台(トイレなし)の4番目。

 改造で区分番号が変わる事もある。キハ28 3001は元々キハ28 1001であるが冷房取付工事で原番号にプラス2000されたものである。

↑キハ28 3001 撮影2000/02/20!? 既に廃車解体済(T_T


 レールバス

 国鉄赤字ローカル線問題が出ていた頃、国鉄の新型気動車が製造されなくなり、窮地に面した富士重工がその問題を逆手にとって、バスボディ製造メーカーとしてのノウハウを活かした鉄道車両を製造することになった。

 レールバスというと青森県の南部縦貫鉄道にある旧式のものを連想しがちであるが…たしかに初代は変速も機械式(マニュアル)でした。

 でもここでいうレールバスはそれとは少し違い、連結しても総括制御できるモノが主体となる。
 樽見鉄道のハイモ180型をはじめ最近のレールバスは液体式、トルクコンバーターを使用して変速する。クルマでいえばAT車ですね。
 とはいえ構体はバスと同じ、擬装もバスと同じ部品を多用、冷房装置・ワンマン機器はバスそのもの(爆)

 こうして出来たのがレールバス!関東以西の各地の第3セクター鉄道で多く採用されていきました。
 岐阜県では樽見鉄道・明知鉄道・長良川鉄道、三重県・伊勢鉄道、滋賀県・信楽高原鉄道…など。
 とはいえバスボディの寿命は15年前後、岐阜県の第三セクター・長良川鉄道でも廃車が出ています。
 近年その反省と環境問題・事故対策から、ボディを強化したLE−DCが活躍するようになりました。これも各地で活躍中です
 私鉄でも名古屋鉄道が採用されていましたが、残念ながらすべて廃車済です。


 JR東海の気動車ギャラリー

   キハ48型4両編成 

 美濃太田発 富山行 高山本線・渚駅にて。
 反対列車と行き違いのため停車していた。

 ちなみに撮影した車輛はキハ48 5002。
 昭和56年 富士重工製です(爆笑)

 キハ48型4両編成 普通

 行き違いのため停車中。

 高山本線 飛騨金山駅にて撮影。

 駅構内が適度にカーブしている。

 車輛番号は記憶していません(^^;;; 

 
   キハ48型4両編成とキハ11系2両編成

 高山本線・飛騨金山駅にて特急待合わせ時
撮影した。

 これも番号控え忘れた(^^;

 こんどはその室内にあるプレート画像を…。

  ←富士重工製の気動車には、こんなプレートが付いています。
 ちなみに真ん中に描かれているのは、富士重工の正式な社章
「マルフ」です。

1998/11/28 撮影 キハ 48 5002 (当時) 室内にて

  こっちはバスの車内。富士重工はバス車体も生産していました。
いすゞのシャーシに富士重ボディをかぶせた三重交通の
一般路線バスを撮影。

2000/06/16 三重県伊勢市内にて

  番外編その2. 富士重工のバス車体

高速および観光用のバス車体、17型M(7M)
通称マキシオンといわれる。各メーカーのシャーシに搭載可能
富士重工製の車体は比較的頑丈であるため現場受けはよいが
デザインセンスが他社に劣るのかあまり多くは見うけられない。

2003年、日産ディーゼルのバス車体搭載を西日本車体工業
(西工)へ一本化したのに伴い富士重工はバス車体製造から
撤退、社員の一部は西日本車体工業(通称・西工)へ移籍した。

今後富士重工製バス車体は貴重なものになるだろう。

富士重症(スバルファン)…富士重工ファンのページ・クルマ編。


 参考になるページはこちら!

 富士重工HP…富士重工はクルマだけではない!一度観てみるとあなたのスバル感が変わるでしょう!

 其の他、鉄道ファンのページ…。

  サイト名  作者  コンテンツ
DC65大応援団 ROKU 掲示板SALON KIROHAを中心に活躍する、国鉄型気動車キハ65を応援するサイト。
掲示板情報量も多く、賑わうのも納得。チャットもあります
DEJI@気動車ファンのページ DEJI 「高山本線・太多線掲示板」常連氏のページ、JR東海の気動車について研究している。
キハ40&58系(後期モデル)ファンです。掲示板も熱い!(爆)
ここ「富士重症・鉄道編」でも紹介されたキハ283001のことも書いてあります♪
繰り返す季節の中で キハ75-300 同じく伊勢方面の鉄道ファンページ、画像が多いので見ごたえがあります。
更新速度が速く、レポートアップも新鮮です!
とうかいしれい とうかい
しれい
高山本線・太多線ボードの常連氏ホームページ、画像をふんだんに含みます。
無線の話題あり。
     

 TrainWWW…鉄道関連ページの検索サイト。各種掲示板もリンクしています。

 東海地方の交通インフォメーション 「路線図コム」…東海地方の交通機関ページを検索するサイト。


index | Link | 更新18/09/16